So-net無料ブログ作成
検索選択

親と疎遠になるのも未来志向 [親子論]

親と疎遠になることを決めたのは、過去の恨み辛みが原因ではない。
手段を選ばずに周りをコントロールしようとする母から、
自分と家族を守るためだ。

母は、毎週のように自分の家に俺たち家族を呼びつけた。
子供を連れて移動するのはしんどいので、
こっちに来いと言っても絶対に来ない。
最初のうちは、初孫を見たいのだろうと思い、
出来る限り行くようにした。
でも、要求はエスカレートするばかりなので、断ることにした。
俺が思い通りにならないと、妻の携帯に電話をして、
俺の知らない間に約束を取り付けるようになった。
家に行けば、「良い親子ごっこ」を強要され、
邪険に扱うと同情を引くための芝居を始める。
俺が思うに、母は何時までも「良い母」でありたいのだろう
孫を連れて子供が遊びに来ることが、そのための条件なのだろう。
母の良い母ごっこに付き合うことが、
俺たちに負担であろうとそんなことは知ったこっちゃ無い。
彼女は、彼女の定義する「良い母」でありたいのだ。
子供は、そのための手段・道具に過ぎない。
俺自身、「良い親子ごっこ」には心底うんざりしていたし、
妻や子供をそれに付き合わせる気にはなれない。
特に子供達にはそういう人間関係に接して欲しくなかった。
だから、距離を置こうと決意をし、その結果とても楽になった。

母よりも父の方がいろいろな確執があった。
ただ、父とは大学を卒業したあたりから、
完全に他人の関係になっており、
お互いに心を開かず、当たり障りのない対応が出来ていた。
別に父との関係をわざわざ絶つ必要は無かった。
母がいなければ、父との関係は今まで通り続いていただろう。


親と別れて思ったこと

親と疎遠になってから1年半が過ぎた。
その間に、祖父の法事の件で短いメールをやりとりしたのみ。

最初の数ヶ月は、
「親と理解し合える機会すら無くして良いのだろうか?」
と自問自答をすることが多かった。
3ヶ月を過ぎたあたりから、「これで正しかったんだな」という実感が増してきた。
両親と決別してから、余計なストレスが減ったせいか、
夫婦関係が劇的に改善された。
仕事も順調だし、子供も元気で、とても良い感じ。
去年は今までの人生で、もっとも幸せな1年だったし、
それは今年も続きそうだ。
これら全てが両親との決別によるものかは不明だが、
かなりの効果はあったのは間違いない。

自分でも、ここまで親が心理的な負担になっているとは思わなかった。
ずっと背負っている荷物の重みは、おろしてみないとわからない。
荷物を下ろして最初はバランスがとりづらいかも知れないが、
慣れてしまえば、以前よりも自由に動けるようになり、元へは戻れない。

勇気を出して決断をした自分を誇りに思う。


なぜ男は釣った魚に餌をやらないのか? [男女論]

男が釣った魚に餌をやらない理由は、単純だ。
男は、魚が餌を必要とすることを知らないし、
魚がどのような餌を食べるかも知らないからだ。

続きを読む


男の子を育てるために知っておくべき事 [教育論]

男女の思考方法の違いは、幼少期から存在する。
この違いが理解できない母親は、男の子の子育てに失敗する。

女の子の会話は脳髄反射に近い。
ほとんど連想ゲーム的なわけ。
だから、彼女たちはぽんぽん言葉が出てくる。
その代わり、じっくりと考える能力が育たない場合もある。
幼少の頃、利発そうに見えた女の子が、
往々にして、成長と共に頭が悪くなっていくのはそのせいだ。
彼女は元々、思考していなかったのだ。
女性の思考能力のポテンシャルが男性よりも劣るわけではない。
脳髄反射的な会話能力と、共感力によって、女の子は思考を必要としない。
必要としない能力は発達しづらい。それだけのことだ。
女性であっても、ちゃんとしたトレーニングを積むことで、
男性と遜色がない思考能力を身につけることは可能である。

脳髄反射的な会話能力と、共感力を持たない男の子には、
自分の頭でしっかりと考える以外の手段はない。
ただ、彼の思考能力は貧弱であり、考えが纏まるのに時間が掛かる上に、
他人からは意味不明な表現をしてしまうことも多いだろう。
母親の多くは男の子はバカだと決めつけるが、それは全くの誤りだ。
男の子はより高いハードルを跳ぼうとしているのだ。
言葉がなかなか出てこない男の子には待つこと。
しっかりと考える時間をあたえることで、思考力が育つ。

母親が男の子が必要とする時間を待てないと、男の子の思考能力は阻害される。
すぐ上におしゃべりな姉がいた場合には、会話が阻害されやすい。
思考が阻害されやすい環境だと、考える根気を失い、粗暴になったり、
思考に専念して、外部への働きかけをしなくなったりする。
どちらにしても、コミュニケーション能力は阻害される。
男の子を育てるのに大切なことは、信じて、待つことだ。
考えをまとめるのに充分な時間を与えること。
そして、出てきた言葉を肯定すること。
どんなに稚拙であっても、彼の言葉は手作りなのだから。

思春期になると、男の子は自分の思考を阻害する要因を排除するようになる。
この段階になると、「別に」や「何でもない」が出てくるようになる。
これは男の子にとって自然な成長過程であり、
男性的な思考能力を発揮するための準備が出来たサインなのだ。
本来はお赤飯を炊いて、祝うべきイベントだろう。
しかし、多くの母親はこれを拒絶ととらえ、
何でも話してくれた子供時代に戻そうとして、あれこれ詮索をする。
これが最悪な行動であることは明らかだ。
全てを共有するのが愛情だと思っている母親は、
夫に次いで息子からも拒絶される。

思春期の男の子は多くの問題を抱えている。
そして、それを自分の力で解決しようと努力する。
だから、ダンゴ状態がとても長くなる傾向にある。
この時期は、男の子の心の成長期であり、内面がぐんと成長をする。
ここで、成長を阻害すると、男の子は男になれない。
過干渉な母親、支配力が強い母親は、この段階で男の子を完全にダメにする。

思春期の男の子を育てる上で大事なことは、
彼が放っておいて欲しいという意思表示をしたら、干渉しないこと。
向こうから話しかけてきたら、真摯に耳を傾けること。
つまり、大人の男として、適切に扱えばよいのだ。


男が素っ気ない態度をとるときは要注意 [男女論]

女性が無自覚にキンタマを蹴る典型的な例を示そう。


  男性が難しい表情をして、黙り込んでいる。
  女性はそれに気がつき、助け船を出そうとする。
  女:「何か考え事?」
  男: 「別に」
  女: 「眉間にしわが寄ってるよ」
  男: 「まあね」
  女: 「どうしたの?」
  男: 「考え事」
  女: 「何考えてるの?」
  男: 「何でもないよ」
  女: 「そんな顔して、何でもないと言われても、
     余計心配になるじゃない。聞いてることに答えてよ」

  男: 「答えてるじゃん」
  女: 「ぜんぜん、答えになってないでしょ」
  男: 「あぁ、もう、うるさいなぁ」
  男は、席を立ちどこかへ行ってしまう。
 

続きを読む


男から愛される魔法の呪文 [男女論]

男性と良い関係を築くために、必要なことは男を立てること。
ただ、それだけだ。
崇めたり、甘やかしたり、奴隷のように仕える必要は全くない。
そんなことを大人の男は求めていない。
むしろ、大人の男は愛する女性を支えたいと願うものであり、
その見返りとして男を立ててもらえさえすれば大満足なのだ。
どんなわがままな女でも、男を立ててくれるなら、
時間の経過と共に愛情が深まり、男はますますその女性を大切にするだろう。

残念ながら、「男を立てる」ことの意味をほとんどの女は理解していない。
男を立てることが出来るいい女はとても希であり、
その結果として、多くの男性は女性を支えることが苦痛になる。
結婚後、しばらくすると、妻を避けるようになる夫はとても多い。
そういう夫の話を聞くと、とても共感できる。
「俺でも同じ状況なら、家に寄りつかないよ」と思う。
妻が夫を立てないから、避けられる。はっきり言って自業自得だ。
男が自分と向き合おうとしないと愚痴る女に限って、男を立てていないのだ。
多くの場合、女性は無意識に(むしろ親切心で)男を傷つけてしまう。

女性読者のために、男を立てて、愛されるためのとっておきの呪文を教えよう。
その呪文とは「金太、負けるな」だ。
本当に、嘘のような効果がある。
騙されたと思って、「金太、負けるな」と大声で10回繰り返してみよう。

続きを読む


男がメールに返事をしない理由 [男女論]

男がメールに返事を書かないことに多くの女性は怒り心頭だ。
一方、女がメールに返事をしないと愚痴る男は見たことがない。
男性がメールに返事をしない典型的な理由は、
「後でメールしようと思ったら、忘れてた」というものだろう。
女性からメールの返事がない場合は、そもそも脈がないとか、
怒っているとか、何らかの理由がある。
女性にとってかくも重要なメールを、
男性があっさりスルーしてしまう背景を考えてみよう。

女性は、感情を共有することで愛情を確認する。
常に自分の感情を相手に肯定してもらうことで、精神的な安定を得る。
相手に共感してもらうために、メールを書く。
そして、「共感した!」という返事が来るのを、今か今かと待ちわびているわけだ。

ところが、男性には感情を共有するという精神構造を持たない。
だから、女性が共感を求めて書いたメールが、独り言のようにみえる。
男性は問題を解決することで、愛情を表現する生き物であり、
メールに彼が解決すべき問題が書かれていれば、すぐに返事を書くだろう。
逆に、彼が解決すべき問題が無いと、用件を見いだすことができない。
「こんな事をわざわざメールしてくるなんて、よっぽど暇なんだな」と思う。
だから、「自分も暇が出来たら返事を書くか」と思って、そのまま忘れるわけだ。

女性にとって、恋人からのメールになんとなく返事を書かないということは、
思いも寄らないことである。
だから、返事が来ないと、不安になる。
不安になるから、詰問をしてしまう。
そうすると、男はなんとも間の抜けた言い訳をする。
気楽にスルーされていることを知った女性は、
軽く扱われているように感じてキレる。
そうすると、男性は「返事の書きようのないような内容の薄いメールを送っておいて、
返事がないとキレるとは何事か?」と呆れてしまう。



このメール問題でこじれる男女関係は多い。
これがきっかけで、破局を迎える場合もあるだろう。
メール問題においては、男と女のどちらかが一方的に悪いわけではなく、
性別によるコミュニケーションスタイルの違いを乗り越えられなかったのだ。

男性は、女性のメールの意味を知るべきだろう。
男性から見たら取るに足りないような日常の些事であっても、
そのメールに肯定的な返事をもらうことが、女性をどれほど支える効果があるか。
逆に、そのメールをスルーすることが、どれほどダメージを与るかを知るべきだろう。
無知ゆえに相手を傷つけてしまうので、無知は罪なのだ。

一方、女性も男性心理を知るべきだろう
男性は共感のみを目的とするコミュニケーションになれていない。
というか、そういうものが存在すること自体知らない可能性が高い。
男のコミュニケーション・スタイルを理解していれば、
メールの返事が来ないことで、大きく傷つかずにすむはずだ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。