So-net無料ブログ作成
検索選択

母親の資格 [親子論]

母親には2つのスタイルがある。
A)「良い母親はこういうもの」という社会通念に自分を近づける。
B)自らの本能の赴くままに、子供への愛情を表現する。

世間様から後ろ指を指されないように、良い母として振る舞う。
その行き着くところが、無私なる母といういびつな存在だ。
良い母親の行動を真似したところで、子供との心のつながりが無ければ良い母にはなれない。
せいぜい、何もわかっていない他人から、良い母だと思ってもらうのがせいぜいだ。
愛情は、心の内から自然と発する感情である。
子供への愛情が義務として課された時点で、母の愛は死んだのだ。

自らの最も内面からわき出しているものが愛情であって、
子供への愛は、親のエゴそのものなのである。
自分の心と向き合って生きてきた母親は、子供の心にも向き合うことができる。
母子の心の交流がある関係は後者の愛情でしか築けない。

母親には自発的に子供を愛する能力が備わっているが、
無私の母親から、自らの本音と向き合うことを禁じられて育った子供は、
内面の感情を見失い、自発的に愛する能力を失っている。
だから、かつて自分がされたのと同じ方法で子供の心を殺す。
機械的に、子供の生えそろったばかりの翼をもぐのだ。
育児において、母親は自らの心とどれだけ向き合ってきたかが問われる。

母親に必要なことは、自分の心の赴くままに、自分の方法で子供を愛することだ。
それができないなら、育児は地獄だろう。
親にとっても、子供にとっても。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。