So-net無料ブログ作成
検索選択

無私の母という独裁者 [疵痕]

俺は相当に辛口な批評家で、言葉で他人を引き裂くのに躊躇も手加減もしない。
それは、俺の生育環境で自分の身を守るために必要なスキルであった。
戦場で生まれ育った人間は、引き金を引くのに躊躇をしないのと同じことだ。
母はそれほど口が達者ではないので、やがて子供に口では勝てなくなった。
正面から戦いを挑んでは分が悪いと悟った母は、
「かわいそうな無私の母」を演じることで、罪悪感で子供を支配した。
「おまえは、子供のために全てを犠牲にしてきたこの母にそんなことを言うのかい?」、と。
この作戦変更は効果的であり、母は引き続き有利な立場に立ち続けた。

裁く力関係が逆転した後も、両親は親という有利な立場に守られたままだった。
俺の裁きは、両親に対しては専守防衛であり、
彼らが自分の領土に土足で踏み込んできたときのみ効力を発揮した。
自分たちが不用意な戦を仕掛けない限り、両親は安全だったのだ。
そして、戦況が悪くなると、
父親は「誰のおかげで食べさせてもらっているんだ」と暴力をふるった。
母親は、子供の罪悪感を刺激するという、嫌らしい切り札を持っていた。
両親は、相変わらず子供を好き勝手にシメ続けた。

父の粗暴な支配と、母の陰湿な支配では、明らかに母の支配の方がたちが悪い。
父の粗暴な支配は、子供の目から見ても明らかに理不尽だから、
子供は父を憎むことができた。
父は、仕事人間で家にほとんどいなかったし、休日は家にいないようにしていたので、
土日の夕方以降さえ凌げばそれで良かった。
休日の父は、唯一無二の友達のテレビを見ながら、昼過ぎから酒を飲み始める。
笑点が終わる頃にはすっかりできあがり、家族に絡み始める。
この時間帯から、酔いつぶれて寝るまで、部屋にこもって存在感を消して凌げばよい。

幼児は母親に対して絶対の信頼と愛情を持っている。
その絶対性を維持するための道具として、罪悪感で縛る。
● 親は絶対的に偉くて理不尽なことをしても許される。
● 母は子供の犠牲になったかわいそうな存在である
この2点を物心が付く前にたたき込むことで、母は家庭の独裁者になった。
独裁者に逆らう人間は、容赦なく道徳的に糾弾された。
「おまえは子供のために全てを犠牲にしたこの母に心ない振る舞いをするのか?」
この罪悪感による支配は非常に効果的だった。
母は同情を引くための演技をするだけで、子供が自分で傷つくのだ。
虐待の後も残らないし、自分は善意のかわいそうな母でいることができる。
被害者である子供ですら、真の加害者を理解せずに、自分を責めるのだから完全犯罪だ。

これは日本の多くの家庭でおこなれている教育であり、日本の母の愛の本質なのだ。
日本中の多くの家庭で「かわいそうな無私の母」による独裁が今も行われている。
無私の母は、子供の罪悪感を刺激することで、子供をコントロールする。
罪悪感を刺激されすぎると、子供は心理的な自傷行為をするようになる。
症状が悪化していけば、実際に自傷をするようになるだろう。

罪悪感に苛まれながら、内なる目に監視されて、自分で自分を裁き続ける。
この構図に気づかない限り、独裁者が死んだとしても、支配をされたまま。
「子は親を疑うべからず」というルールをすり込まれていた場合、
子供が精神的に自由になるのは絶望的だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。