So-net無料ブログ作成

裁かれる人から、裁く人へ [疵痕]

裁かれて育った人間の最大の不幸は、
当たり前のように他人を裁いてしまうことだ。

親子関係は、人間関係のベースになる。
どれだけ、憎んでいようと、嫌っていようと、
否応なしに、支配されてしまう。
表面的な行動では、親とは別の道を進んでいるつもりが、
裁くという行動原理は、しっかりとすり込まれていた。
両親とは、表現は違えども、
裁く人であるという根っこの部分で同じ穴の狢だった。

こうであるべきというスタンダードを相手に一方的に押しつけて、
相手がそこから外れるとストレスに感じる。
ストレスが臨海レベルに達すると、正義の刃で相手を容赦なく断罪する。
裁く人間は、当たり前のことを我慢したあげくに、
控えめに主張しているつもりでいる。
正義は自分の側にあると盲信しているが故に、手加減がないし、
相手の言い分を頭ごなしに否定することになる。

自分の正義を他人に強要する時点で、俺は間違えていた。
独りよがりの正義を捨てて、他人を裁くのを辞めない限り、
まともな人間関係が育つはずがない。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

P.Tree

何カ月か前、katuoさんのブログと出会い、ファンになりました。
katuoさんの洞察力と「自分」に向き合うことから逃げない強さを尊敬します。

僭越ですが、いままた、一つ「殻」を脱ぎ捨てようとされているのではないかと感じます。

どんなに苦しくても、よりよき変化(=進化・新生)は人間にとって至上の喜びだと思います。
by P.Tree (2007-04-28 03:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。