So-net無料ブログ作成

祖父の葬式 [疵痕]

母の実家に行くのは15年ぶりぐらいかな。
小学生の頃は、それなりに楽しかったな。
田んぼと山があって、オニヤンマとかタガメとかいろいろいた。
そのうち、押しつけがましい祖父が嫌になって行かなくなった。
「たまには顔を出さないとお年玉をあげないぞ」と電話で言われて、
「だったら、いらない」と即答したのは中学生の時だったか。

今回、死んだ祖父は家庭内暴力の最低野郎。
女を家に連れ込んでは、自分の妻には暴力三昧。
熱湯をかけたりとか、人間のやることとは思えない。
そんな家庭で育った俺の母が病気なのはしょうがない。
病める家庭の系譜はここからスタートって感じ。
祖父のお兄さんとかは凄く良い人なのに、
なんであいつはあんなクズなのか不明。
俺的には生前から嫌悪感しかなかったので、なんの悲しみもわかない。

寂しい葬式だった。
落ちぶれれば、女達は去っていった。
参拝者は少なく、皆、無表情。
義理で、しょうがなく来ている感じ。
悲しがっているのは二人の娘ぐらい。
娘達は愛情の欠如によって縛られていたが故に悲しんでいるに過ぎない。

死に顔を眺める。
ぼけ老人の鼻の穴が開いた間抜けな顔。
死ねば仏とは言うのもの、やっぱり嫌悪感しか浮かんでこない。
でも、ろくに人が来ないから、俺が棺を霊柩車に運ぶ役になった。
俺のように嫌悪感しかない、疎遠な人間しか棺を運ぶ人間がいないのだ。
自業自得とはいえ、寂しい人生だと思う。

葬式というのは一つの集大成だと思う。
その人間がどのような関係を世界と築けたかが問われる。
彼は世界と負の関係しか残さなかった。
彼は存在しないほうが、幸せだっただろう。
彼にとっても、周りの人間にとっても。
そういったことを実感させるような葬式だった。

ふと、自分の葬式を考えた。
葬式なんてない方が良い。
どうしてもやるとしたら、坊主を呼ぶのは勘弁して欲しい。
俺は仏になるつもりはないし、念仏って説教くさいから嫌いなのだ。
どうせなら、SleepのDopesmokeを延々と流しながら、
俺の悪口をみんなでノートに書くと良いだろう。
死んだからと言って、良い人に仕立て上げられるのだけは御免だな。
そんなことをぼんやりと考えながら、帰ってきたのでした。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 3

Hanna

久しぶりにコメントさせてね。
なんか荒れてたみたいで、遠慮してしまった…

ワタシも自分の葬式はして欲しくないです。
お墓に入るのもイヤだな。
大スキな海に、散骨希望。
でも骨密度が80歳の老婆クラスらしいので、燃やしたらなくなっちゃうかも…
by Hanna (2005-09-30 19:25) 

oka-ka-i-love-rock

おはようございます。この記事、見落としていました。
先日のお葬式はおじいさんのだったんでしたね。
私は父方の祖母(ずーっと同居)がなくなった時に
号泣してしまいました。なんだかとっても悔しくなって....
ひょっとしたらそれはkatuoさんのお母さまたちと
同じような気持ちだったのかもしれませんね。

私もお葬式ではお経は嫌です。生前好きだった曲を延々と
流してくれるだけなのがいいです。
by oka-ka-i-love-rock (2005-10-01 08:36) 

katuo

TOMさん
>久しぶりにコメントさせてね。
>なんか荒れてたみたいで、遠慮してしまった…
お久しぶり & 777NICEおめでとう。
うちは、やっと通常運転に戻りました。
>ワタシも自分の葬式はして欲しくないです。
>お墓に入るのもイヤだな。
まあ、葬式は残った人たちの自己満足だから、
やりたいようにやってくれとも思うけど、
墓は狭くてじめじめしたのは嫌だなぁ。

おかあかさん
葬式は人間模様が透けて見えて、
いろいろと考えさせられますね。

ゆがんだ家庭ほど、人間関係が情緒的に絡み合っていて、
憎しみなんだが愛情なんだか良くわからない
強い結びつきがありますね。
でもって、一見、仲良しに見えるんだな。これが。
by katuo (2005-10-01 15:56) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。