So-net無料ブログ作成

姉からのメール [疵痕]

対決の前の日に姉からメールが来た。要点は以下の通り。

  • 100%の正しい人はいない
  • 両親に感謝する部分もあるはず
  • 必要以上に傷つけあわないこと 

俺は深くため息。
姉は完全に両親に取り込まれている。

もちろん、自分も親も100%正しくはない。
だからこそ、お互いの正しさをぶつけないといけない。
自分が100%正しくないからと言って、親の言うなりになるのは馬鹿げている。

俺だって、親には感謝している。
だからこそ、親を切り捨ててでも、俺は幸せにならなくてはいけない。
自分が幸せになることが親への最大の恩返しだ。
たとえ、今は親から恨まれようと、
俺が幸せであると言うことが最終的には両親を救うはずだ。
あと、感謝する部分が少しでもあったら、残りは全て我慢しなくてはならないっていうのは変だ。

親を傷つけたらいけないと脅迫的に思っているのがダメなんだよね。
自分の正直な気持ちをぶつけるというのは、
人間関係を深めるために必要不可欠なこと。
しかし、子供は自分の感情を表現することが禁じられていた。
それが、あの家のゆがみの原因なのだ。
結果として、お互いに傷つくとしても、
本音を交換し合うことを避けていてはダメなんだよ。
真実を避けることでのみ維持される関係は空しい。

なんか、悲しくなってしまうね。
姉は両親の一番の被害者だと思う。
親が子供に依存すると、依存された子供が依存症の親をかばうようになる。
被害者が加害者をかばうっていうのは、とても悲しいことだ。
兄弟の中で一番愛されたのは俺であり、それ故に毒になる家族から脱退できた。
姉は受けた愛情が少ないが故に、両親に縛られ続ける。
両親と決別する以上、両親に取り込まれている姉とも決別することになるだろう。
なんか、切ないね。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

oka-ka-i-love-rock

katuoさん、こんにちは。
私は以前はお姉様の立場にいた気がします。
私の兄は呆れるぐらいに「現実」を理解出来ない人。
私の実家の家族は「思いやり」など皆無です。
katuoさんの味わわれて来た思いに比べると、
私の経験など、取るに足らない事ですし、
自分の実家にはもう何の期待もありませんが、
ただただ空しくて悲しいです。
私は今の家族と幸せになる為に、これからの人生を生きて行きます。
またお邪魔させて下さい。
by oka-ka-i-love-rock (2005-08-23 15:01) 

katuo

親との関係を維持するために、
自分をないがしろにするという態度には頭に来ます。
自分の幸せを第一にしないといけない。
自分の幸せを望まない人間に、縛られる必要はない。
幸せではないのに、義務感で他人に尽くしても、
自分も相手も最終的には不幸になる。

姉が依存させるから、母は弱くなる。
悪循環なんだけど、お互いに依存関係を切れない。
そして、それを思いやりと呼んでいるのです。
by katuo (2005-08-23 23:43) 

oka-ka-i-love-rock

昔、私が夫と結婚した時、母は言いました。
「お母さんが恵まれへんかった分だけ、あんたが幸せになれたんやと
思うわ〜」
私が自分で見つけた幸せを、母は「自分の不幸の報酬」の様に言いました。
そして、父が他界した直後、親戚一同に
「お母さんは独りになるんやから、あんたがしっかり支えなあかんねんで。
何でも助けたげなあかんで。」
と言われました。
今日、母から1週間ぶりに電話がありました。
「しばらく行く用事は無い」と言ってすぐ切りました。
その直後から動悸とめまいと吐き気に襲われ、横にならざるを得ない状態になりました(1時間程で治まりました)。

はっきり印籠を渡すのにはどう言えばいいんでしょうか....
by oka-ka-i-love-rock (2005-08-24 19:13) 

katuo

>私が自分で見つけた幸せを、母は「自分の不幸の報酬」の様に言いました。
子供の幸せは私のおかげ、子供の不幸は子供の責任なんだよな。
本当は逆なんだけどね。

>「お母さんは独りになるんやから、
>あんたがしっかり支えなあかんねんで。
>何でも助けたげなあかんで。」
>と言われました。
何でもは無理でしょう。
「そこまで言うなら、あなたが支えてあげてください」と言えばよし。

>はっきり印籠を渡すのにはどう言えばいいんでしょうか....
言い方よりも、むしろ、、自分の腹がくくれるかどうかが重要。
母は母、自分は自分と割り切ること。
自分が責任を負えるのは自分の人生のみ。
母の人生は母の責任。
母が孤独に不幸な人生を送るとしても、それは自業自得と割り切ること。
この割り切りは、思ったほど簡単ではない。
親と離縁すると、親戚をはじめとして、全ての血縁から切り離される。
つまり、自分が家無き子として生きていく覚悟が必要。
天涯孤独になったとしても、悔いはないし、
そっちの方が絶対に幸せだという確信が必要。
で、その確信さえ得られたら、後は何とでもなります。
by katuo (2005-08-27 00:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。